剃り残しがある場合の脱毛サロンの対応

剃り残しがある場合の脱毛サロンの対応

現在は脱毛サロンでは毛根部分に特殊な光を照射して効果をあげていく光脱毛が主流です。施術の際はあらかじめムダ毛はシェーバーなどで剃っておくことが一般的です。剃り残しがあると施術が受けられない場合もありますので、自宅でのシェービングは丁寧に行っておきましょう。

施術前のシェービングは丁寧に行おう

脱毛サロンでは現在は毛根部分に光を照射する光脱毛の時代となっています。無理に毛を抜き取る必要はないので、痛みもかなり抑えられており、広範囲もスピーディーに処理ができるのが魅力です。そして光は黒い部分に反応しますので、肌の表面に毛が残っていると脱毛の効果を十分に発揮できなかったり、火傷などのトラブルが起こってしまう可能性もあります。それゆえ、施術したい部位はあらかじめシェービングを行うこととなりますが、剃り残しがあると施術に対応してもらえなかったり、せっかくの効果を十分に得られなくなってしまいます。それゆえ、シェービングは時間をかけて丁寧に行っておきましょう。

背中などの難しい部位への対応方法

脱毛サロンの予約日までにはシェービングはきちんと済ませておきたいですが、やはりひとりで対応するのが難しい部位もあります。腕や脚などは比較的きれいにしやすいですが、体の後ろ側にある背中やうなじなどは手も届きにくく、目で確認することもできません。それゆえ、どうしても剃り残し、ムラができやすい部分です。こうした部位の処理方法としては、家族など別の人にシェービングを行ってもらうという方法もありますし、難しい場合はサロンで行ってもらうこともできます。多くのサロンは剃り残しがある場合もシェービングに対応してもらうことができますが、シェーバーの持参が必要となることもありますので、あらかじめ確認しておくことがおすすめです。

サロンでシェービングを利用する際は有料か無料か確認

剃り残しがある場合、ひとりで剃るのが難しい部位は脱毛サロンで対応してくれることも多く、剃り残しがあるからと施術を受けられないということは少なくなりました。そしてシェービングもサロンによって有料か無料かは変わってきます。無料で対応してくれるサロンなら安心して任せることができますし、有料となる場合は別料金発生しますので、その料金や支払い方法も確認しておきましょう。そして剃り残しがある場合は、あらかじめそのことをスタッフに伝えておくことも大切です。シェービングの技術力もサロンごとに差がありますので、申し込みの際はこちらも確認しておきたいところです。

まとめ

脱毛サロンでは光の照射による施術が中心ですが、施術前には自宅でシェービングを行っておくことが一般的です。剃り残しがある場合もサロンで対応できるのか、別途費用が発生するのかはよく確かめておきたいところです。シェービングの技術もサロンごとに差がありますので、こちらもよく比較しておきましょう。

比較ページへのリンク画像